自己流ベビーサインのススメ


魔(法)の二歳児ーバイリンガル編 (長男2歳6ヶ月 長女3ヶ月)
1月 4, 2009, 11:27 pm
Filed under: アメリカの育児, バイリンガル, ベビーサイン

明けましておめでとうございます。今年は大掃除もそこそこ、おせちも作らずに迎えてしまいました。まあそこは二児の母になったばかりということで自分を納得させてしまうところが私の甘いところですが。

夫が冬休み中なので息子とたくさん遊んであげられているせいか、魔の二歳児もここの所比較的穏やかに過ごしています。落ち着いて生活している姿を見ると実はここ半年で色々なことが出来るようになったことに気づいてびっくりします。魔の二歳児というより魔法の二歳児と言った方がぴったりくるようです。

そのひとつはやはり言葉でしょうか。半年前まではべビーサインを使ってコミュニケートしていたのが、今ではバイリンガルと言っても差し支えないほどになりました。特に10月からアメリカの保育園に週二回通い始めてからは英語がどんどん日本語に取って代わる様になり、私もつられて英語で会話するようになってきてしまっているのでかなり要注意です。

べビーサインの様に単語をたくさん覚えてきているだけならそれほどとも思わないのですが、彼の口からすらっと出てくるちょっとした英語の表現に毎日驚かされます。
例をとると、

I am going upstairs to see Nana.(二階におばあちゃんにあいにいくの。)
That’s pretty, isn’t it?(それかわいいよね。)
How about going to Auntie’s house?(おばさんのうちにいくのはどう?)
Daddy, take your feet off of Rody, please.(ローディから足を下ろしてください。)
One’s for Daddy and one’s for Mommy. (ひとつはダディに、ひとつはマミーに。)

などです。10月頃はまだまわりの大人の言っていることをリピートするだけのことが多かったのですが、最近では自分が話しかけられていないにもかかわらず、大人が話している会話にたびたび入っていけるほどになってきました。

以前ならちょっと早口で言ってしまえば分からないだろうと思って、聞かれたくない会話を彼の前でもしていたこともあったのですが、とてもごまかせなくなってきているので最近は「綴りで会話」することも多いです。

彼を連れてP-A-R-Kに行く時間ある?
冷蔵庫にC-A-K-E あるけど、どうする?

など。義母などはchocolate ice cream(チョコレートアイスクリーム)などの長い単語までスペルするので、とてもスペリングビーとはいえない私はついていくのに必死です。

もう数年したら私の英語の間違えを指摘する様になるのだろうなと思うと、うれしい様なかなしい様な不思議な気分です。

newyear2009_sm

babysigns88_311

広告

コメントする so far
コメントをどうぞ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。