自己流ベビーサインのススメ


スカイプはさみし…
1月 11, 2009, 11:31 pm
Filed under: アメリカの育児

「ジイジとバアバのおうちにいきたい。」

今日、晩ご飯を食べている時にいきなり息子が言いました。日本語でも英語でも「〜をしたい。」を言う表現をつかわずいつもだったら「〜する。」と断言的にくるので Dictator(独裁者)と呼ばれている息子。あんまりしおらしいので面食らってしまいました。何をいきなり!と思いましたが本人は真剣。どうやら元旦に日本の祖父母とスカイプした時に、他の家族が皆実家に集まっていたのを見て自分がそこにいなかったのがとてもさみしかったよう。

もうアメリカに戻ってきてから5ヶ月も経つのに何かとあれば日本の話しをする息子。ジイジにバアバ、いとこのL君、保育園のO先生、お向かいのS君、近所のお寺のお魚など、まだ二歳なのにそんなにノスタルジックにならなくたって、と思うのですが相当インパクトが強かったのですね。まだ当時は言葉で表現できなかった事までも今になって持ち出してくるのでびっくりします。

食後にスカイプするとちょうどジイジは仕事に出かけるところ。いつもだったら照れまくって言葉が出ないのに今日は、
「ジイジのおうちにいきたい。」
としっかり伝えられました。

ジイジもバアバもとってもうれしかったと思うよ。日本に帰る5月までまだ寒くて長い冬を越えなくてはならないけれどがんばろうね。

osechi去年はおせちも一応作りました。

babysigns88_311

広告


魔(法)の二歳児ーバイリンガル編 (長男2歳6ヶ月 長女3ヶ月)
1月 4, 2009, 11:27 pm
Filed under: アメリカの育児, バイリンガル, ベビーサイン

明けましておめでとうございます。今年は大掃除もそこそこ、おせちも作らずに迎えてしまいました。まあそこは二児の母になったばかりということで自分を納得させてしまうところが私の甘いところですが。

夫が冬休み中なので息子とたくさん遊んであげられているせいか、魔の二歳児もここの所比較的穏やかに過ごしています。落ち着いて生活している姿を見ると実はここ半年で色々なことが出来るようになったことに気づいてびっくりします。魔の二歳児というより魔法の二歳児と言った方がぴったりくるようです。

そのひとつはやはり言葉でしょうか。半年前まではべビーサインを使ってコミュニケートしていたのが、今ではバイリンガルと言っても差し支えないほどになりました。特に10月からアメリカの保育園に週二回通い始めてからは英語がどんどん日本語に取って代わる様になり、私もつられて英語で会話するようになってきてしまっているのでかなり要注意です。

べビーサインの様に単語をたくさん覚えてきているだけならそれほどとも思わないのですが、彼の口からすらっと出てくるちょっとした英語の表現に毎日驚かされます。
例をとると、

I am going upstairs to see Nana.(二階におばあちゃんにあいにいくの。)
That’s pretty, isn’t it?(それかわいいよね。)
How about going to Auntie’s house?(おばさんのうちにいくのはどう?)
Daddy, take your feet off of Rody, please.(ローディから足を下ろしてください。)
One’s for Daddy and one’s for Mommy. (ひとつはダディに、ひとつはマミーに。)

などです。10月頃はまだまわりの大人の言っていることをリピートするだけのことが多かったのですが、最近では自分が話しかけられていないにもかかわらず、大人が話している会話にたびたび入っていけるほどになってきました。

以前ならちょっと早口で言ってしまえば分からないだろうと思って、聞かれたくない会話を彼の前でもしていたこともあったのですが、とてもごまかせなくなってきているので最近は「綴りで会話」することも多いです。

彼を連れてP-A-R-Kに行く時間ある?
冷蔵庫にC-A-K-E あるけど、どうする?

など。義母などはchocolate ice cream(チョコレートアイスクリーム)などの長い単語までスペルするので、とてもスペリングビーとはいえない私はついていくのに必死です。

もう数年したら私の英語の間違えを指摘する様になるのだろうなと思うと、うれしい様なかなしい様な不思議な気分です。

newyear2009_sm

babysigns88_311