自己流ベビーサインのススメ


究極のおまるを探して
9月 20, 2008, 6:25 am
Filed under: トイレトレーニング, ベビー用品

数ありゃ良いってもんじゃないというのはこういうことを言うのだろうと思いますが、最近息子のトイレトレーニング用品をいったいいくつ買ったのだろうかと振り返ってみて恐ろしいことに気がつきました。

まず手始めに一歳半頃、アメリカのベビーザラスで安くなっていたBoon Potty Benchを購入。これは正直に言いますとおまるらしくないデザインの良さにつられました。ただ、まだトイレトレーニングを始める心の準備が私も息子もできていなかったので、バスルームに置いてある小物程度の扱いで、たまに夫や私がトイレを使う時にふたの上に座ったりはしていましたが、それより先に進む事はありませんでした。あとあと大分トレーニングが進んだあとに一回だけ使った事がありましたが、男の子が使うのには不便な部分があり、いまでは大人用のトイレを使う時のステップと成り下がってしまっています。

次に購入したのは子供用便座が大人用便座のふたの中に収納できると言うもの。当時バスルームの床の張替工事をしていたのですが、お恥ずかしい事にトイレの上で床材を切っている時に誤ってトイレのふたまで切ってしまい、代わりのものをさがしていた時にこれを見つけました。ぱっと見ただけでは子供用便座が入っている事がわからないのでバスルームがすっきり見えて良いですし、おまるを置く場所をとらないので重宝しています。我が家では「おにいちゃんトイレ」と称して今現在一番頻繁に使っているのがこの便座です。ただし、まだ後ろ向きにタンクの方を向いて使っていますので進歩の余地がありますが。

そして、この五月に三ヶ月の予定で日本に帰ったとき、夏に向かってトレーニングを始めようと張り切って買ったのがコンビの補助便座。お店の人に「床に置くタイプのおまるから始めるとそこからまた補助便座へ慣れさせるのが大変だ。」という言葉を信じて買いましたが、息子は座るのを完全に拒否したので全く使いませんでした。

ただし、一度だけもうトイレトレーニングの済んだ同い年の男の子が遊びに来た時にこれを使っているのを見せてもらった事があります。息子のしゃんと正座をしてお友達がそれを使って用を足す様子を見るその真剣なまなざしにはただならぬものがあり、その夜にいきなり自分からおまるを使いだしたので完全に無駄な買い物ではなかったと言えるかもしれません。

さて、コンビの補助便座がお気に召さないと分かってから買ったのが、アンパンマンのおまるです。基本的にはキャラクターものは避けて通りたかったのですが、なんと言ってもキャラクター大国にっぽんではそれは難しい挑戦で、番組を実際に見た事もないのにいつのまにかアンパンマンを見かけると「ばーまん!」と言ってうれしそうに指差す様になり、それならまあそんな気持ちを利用してトイレトレーニングを進めていこうと決めたのでした。

そしてこれは大当たり。アンパンマンの人形の部分に電池を入れる様になっていて三つのボタンを押すと水の流れる音、アンパンマンのテーマ、アンパンマンの声で「上手にできたね!」などとそれぞれ音が出る様になっていて、正直言うと慣れるまでは耳障りでしたが息子は自分から進んで座る様になりました。洋式トイレ風のおまるの方がわざわざまたがなくて良いので慣れやすいかと思ったのですが、男の子の場合はおまるの方が前に遮るものがあるのでまわりを汚す事もなく良いようです。

ちょうどこのおまるを使える様になった8月上旬に日本を離れる時期がきてしまい、アメリカに戻ってからトレーニングがまた振り出しに戻る事が怖かったので、思い切ってアンパンマンをもうひとつ購入して先にアメリカの自宅へ送っておきました。長い機内をおむつで過ごすのは気持ちが悪そうでしたが、うちについてお気に入りのおまるが置いてあったのでご機嫌で、その後も上記の子供用便座と併用しています。

さてそして最後のおまるの登場。息子は週に二日私が仕事に行く時に夫の叔母のところで半日を過ごすので彼女のところにおいておくおまるを買いました。日本でももうおなじみのイケアでプラスチックの犬のえさ入れの様な本当にシンプルなおまるです。アンパンマンおまるの対局を行くシンプルさに半信半疑でしたが、値段も3ドル程度で使わなかったら返品すれば良いという気軽な気持ちで購入しました。驚いた事に義母に聞くと早速使っているとの事。いったい今までの出費は何だったのだろうとがっくりしましたが、ひとつひとつのステップも必要だったのだろうと自分を慰めています。

今、どのおまるを買うか検討している方のお役に立てば幸いです。トホホ。

広告


ママのお腹からなにがでてくる?
9月 14, 2008, 11:30 pm
Filed under: アメリカの育児

いよいよ二児目の出産予定日を来週に控え、肌着やおくるみを洗濯したり、病院へ行く時の荷物のパッキングなどを始めました。お腹が大きくなってきてから息子には

「赤ちゃんが入っているんだよ。」

と何気なく話していましたが、最近になってお腹に入っているものが本当は何なのかとみに気になりだした様子。

この夏日本にいた時に大の仲良しになった近所のお友達の名前をだして、
「S君、出てくる?」
とおもむろに聞かれた時はおもわず笑ってしまいましたが、アメリカに戻ってきてから特定のお友達がいないので、S君に会えなくて寂しいんだなと思うととても切なくなりました。

二人目は女の子だそうなので、彼女の名前を決めてからは、
「◯◯ちゃんが入っているんだよ。」
と名前を加えて話していたのですが、どうやら夫の発音が悪かったせいで
「お馬ちゃんが入っている。」
と大変な聞き間違えをしてしまったのです。

我が家には去年のクリスマスプレゼントにもらった日本でも人気のローディがあり、ほど近い公園にはメリーゴーランドがあって息子はその白いお馬ちゃんに乗るのが大のお気に入り。

お馬ちゃんが出てくるのが待ちどうしくて仕方ないらしく、何度も私と夫が
「◯◯ちゃん、もうすぐおうちにくるよ。」
と言っているのですが、思い込みとは恐ろしく
「お馬ちゃん、もうすぐおうちにくる?」
と逆に訂正されてしまいます。

「ベビーどこ?」と質問すると、照れくさそうに私のお腹を指すので、本当は公園で見かける様なヒト科の赤ちゃんが入っているということが分かっているのかなとも思うのですが、実際のところは産まれてみなければ分からないですね。

ベビーシッター。



「ベビーサインを教えるべきか?」
9月 4, 2008, 11:11 pm
Filed under: ベビーサイン

基本的にアメリカでの私のニュース源はラジオです。日本では聞く機会があまり無かったのでこちらに戻ってきてから早速ラジオをつけたところ、NPR (National Public Radio – 公共放送ー日本のNHKの様なもの)でベビーサインについての話しをしていたのでこちらにリンクを張っておきます。

[Should You Teach Baby to Sign?]

イェール大学の小児科の先生がベビーサインについてのインタビューを受けているものですが、子どもとのコミュニケーションを図るのには良いが特にあとあと言葉の発達に良いという研究結果は出ていない、という様な内容です。

確かに言葉の発達が早くなるという様なふれこみの教材や教室も見かけますが、私としては特にその様な効果を狙ってベビーサインを始めたわけではないので、このスピーゲル博士のコメントはまあもっともかなと思われました。共感できるのは教室やDVDなどの教材に大金をかける程のものではないという最後の部分で、これは私がこのブログを始めるきっかけになった基本信念の様なものなので大きくうなずけました。

でも、「Should you teach baby to sign?」と聞かれたら私だったらもちろん「Of course!」です。こんなに楽しいものはちょっと他にはないですからね。



よみがえるベビーサイン
9月 4, 2008, 10:15 pm
Filed under: ベビーサイン

いわゆる「言葉の爆発」が起こってから早一ヶ月半が過ぎ、8月上旬に無事アメリカに戻ってきてからは毎日「これな〜に?」と「〜なにしてるの?」を連発しているうちの2歳児。あれほど頼りにしていたベビーサインをすっかり使わなくなって、たまに動物のジェスチャーなどは見せてくれるものの「ゴリラ!」とか「バニー!(うさぎちゃん)」などのコメント付きなので純粋な意味でのベビーサインとは随分と遠ざかっていました。

みっちり3ヶ月日本語環境でならしたおかげで、夫や義理の家族の話している英語を理解はするものの、返事は日本語。なぜか「NO」だけはつねに英語ですが、今現在話し言葉は99%日本語です。

以前は英語のみを理解する人の集まるところでは息子に対して一方通行に日本語を使うのをためらうこともあったのですが、いまでは彼とある程度の対話をできるところまできたので臆することなく日本語で話しかけています。すると日本語に興味のある人が意外にも多くまわりにいることが分かって、息子を日本語で育てていることを褒められることもあり嬉しくなります。先日は公園で日本アニメおたくのブラジル人ベビーシッターさんにさんざんうらやましがられましたし、八百屋の韓国人のおじさんには「日本語上手ですね。」と褒められたあげくおまけまでしてもらいました。

そんな毎日がつづいていてもうベビーサインとは完全にお別れかと思っていた矢先、夫の叔母のうちで晩ご飯を食べていた時に急に右手の人差し指で左手の平をトントンとさすベビーサインをし始めました。お恥ずかしくもすっかりそのサインの意味を忘れてしまっていた私。家族にも「なんて言っているの?」と聞かれてさあて困った。仕方がないので「それなんだっけ?」と本人に聞いたら「これ、これ」と私の使っていたフォークを指差してくれました。そうそうフォークでしたね。その時の息子の私を見る目が「ちょっとママしっかりしてよ〜。」という具合だったので皆で笑ってしまいました。

二児目の出産を目前に控えて記憶力が薄れているのか、こんなことでは二児目がベビーサインを始められる時期に来た時には自分のブログを読み直して、また一からやり直しということになりそうです。