自己流ベビーサインのススメ


一難去ってまた一難
8月 4, 2008, 9:00 am
Filed under: にほんの育児, バイリンガル

よく使われる英語の表現に “Be careful what you wish for” というのがあります。翻訳は私の得意とするところではないのですが、「願い事をするときは気をつけないと(それが望んだとおりに叶うとは限らない)」という様な意味です。昨日あたりからこの表現が頭を離れません。

半月ほど前から言葉があふれ出だした我が家の新2歳児。ベビーサインに懐疑的な実母の「ベビーサインのせいで言葉が出るのが遅いのではないか」などという考えを打ち消すかの様に、毎日恐ろしいスピードで新しい言葉を習得していっています。

英語を母国語とする夫の日本語のボキャブラリーの数はいともあっさりと息子に抜かれ、朝食時に前日学んだ言葉を披露する息子に驚愕の色を隠せません。

そんな頼もしい息子ですが、ここのところそんな姿も就寝時には恨めしく思えます。それというのは、ともかく言葉がでるのが嬉しくてしょうがなく、ひたすら意味のある事無い事を延々としゃべりつづけるのでなかなか寝付けない夜が続いているからです。

好きな食べ物の羅列(ぶどうパン、ブルーベリー、のりご飯、ジャコなど)から始まり、その日に会った人の名前(保育園のO先生、近所のS君、保育園のお友達Aちゃん)、テレビで見たもの(ゴミ収集車、さかな、帽子、ボール(高校野球の事)、続いて家族の様子(ジイジ 雨戸、バアバ した ねんね、ダデュ かばん 学校 ー 訳 ジイジは雨戸を閉めている、バアバは下の階で寝ている、ダディはかばんを持って学校へ行った)などとのべつまくなしまあしゃべることしゃべること。いちいち相づちを打つのも楽ではありません。

2歳になる頃にはしゃべれる様になればいいね、などとお気楽に思っていた最近までの自分が懐かしい今日この頃です。

「お花いっぱい」

広告

コメントする so far
コメントをどうぞ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。