自己流ベビーサインのススメ


百聞は一見にしかずートイレトレーニングの巻
7月 29, 2008, 9:44 am
Filed under: トイレトレーニング

最近この暑さのせいかおむつを履きたがらない息子。脱がしてみるとかぶれるまではいかないものの、蒸れて汗びっしょりになっている事も多く、可哀想なのでそういう時はふつうのパンツをはかせています。やっぱり綿の肌触りが気持ちよいせいかご機嫌で、他の保育園児の影響もあってか自分で「かっこい〜。」と言いながらバアバに自慢げにパンツ姿を見せて歩いたりしています。

おまるは用意してありましたが、私のずぼらな性格からまだトイレトレーニングを意識してやろうと思っていたわけではないので、一応「チーしたい時は教えてね。」といってはありましたが、毎回結果は「びちゃびちゃあ」と言ってばつが悪そうに濡れたズボンをつかんで報告をしにくるという具合でした。

そんな日が何日か続いたある日、アメリカで知り合った日本人の友達が彼女の息子を連れてうちに遊びに来てくれました。私の息子と彼は年が同じで誕生日も一日違い。アメリカにいたときには何度も一緒に遊んだ仲です。ただ、お母さんの努力の賜物で彼は2歳になる何ヶ月も前からほとんどトイレトレーニングが済んでいました。

家にきた時もお母さんがタイミング良くトイレに誘っているので、さすがだな〜と感心していたところ、そんな思いが私の息子もにも伝わったのか、お友達がトイレを上手に使っているのをしゃんと正座して無言で観察していました。

その後、蒸し暑い中を夕方のお散歩から戻った私たちは汗を流す為にシャワーを浴びていました。その時おもむろに息子が前を押さえながら「アンパンマン、アンパンマン」と言うではないですか。キャラクターグッズにあまり興味が無い私ですが、息子がアンパンマンを気に入ったのをきっかけに「これは使えるかもしれない」ともくろんでアンパンマンのおまるを買って脱衣所に置いておいたのでした。

自分でお風呂場を出て脱衣所に行き、律儀にも私をお風呂場に残して後ろ手にドアを閉め、数分後にお風呂場に戻ってきた彼の一言は「ちーでた」。まさかと思いましたが、おまるの中には見事に証拠が残されており、これは正直言って感動ものでした。とりあえずほめまくり、家族に報告。友人にもあわてて感謝のメールを送りました。

やはり「百聞は一見にしかず」というのは本当ですね。私がいくらトイレトレーニングの本を読んで見せたり、一緒にトイレについてこさせたりしても全く効果がなかったのに、年の近い友達がトイレを使っているのを見ていっぺんに目が覚めたようでした。今はトイレに行きたいときのボディラングエッジが明らかになってきたので私も誘うタイミングをつかめる様になり、その後も失敗を繰り返しながらも着実に進歩していっています。

真実の口

広告

2件のコメント so far
コメントをどうぞ

長女が10ヶ月の時から2歳の子を子守りしていましたが、その子のせいか18ヶ月の時 自分から行く事をしはじめオムツがとれたのは1ー2週間後でした。次女はお姉ちゃんを見て同じような感じでこれも18ヶ月。
孫は両親が歩きはじめたらトレーニング というので 随分前からやっていますが、上手く行くなとおもうや 又 ふりだし。

まあ ゆっくりやってます。

サインの事ありがとうございます。
励みになりました。

コメント by Ba-chama

Ba-chamaさん

アメリカに戻ったらまた環境が変わりますし、もうすぐ二人目が産まれるので赤ちゃん返りも心配され、このままうまく行ってくれるとは思えないのですが、私も気長にやっていくつもりです。

今は昔のように「早くおむつを外さないといけない」というようなプレッシャーが日本でもアメリカでもそれほどないように感じられますので気も楽ですね。

コメント by Co-D




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。