自己流ベビーサインのススメ


産婦人科 日本 vs アメリカ
7月 30, 2008, 6:01 pm
Filed under: にほんの育児, アメリカの育児

この夏の帰国中3回産婦人科を訪れる機会がありました。もう8ヶ月目に入っているので2週間ごとに来てくださいと言われていたのですが、やはり二人目となると特に体調に変化が無ければいく必要も無いかなと思ってしまい、三ヶ月の滞在中3回のみという結果になりました。

その上、アメリカには国民保険が無いため非常に高い保険料を毎月払ってはいるものの、それで産前産後のケアも出産もカバーされるので、ここで元を取ろうとここぞとばかりに言われるままに定期的に通っていたのですが、日本では行政から5千円のクーポンをもらっても毎回一万円以上も払わされたので行く気が薄れたという事もあります。

それともちろんこれはこの特定の医院での事かもしれませんが(そうであってほしいです)、お医者様方の敷居が高いのにはびっくりしました。三回とも違う医師に診察してもらいましたが、どのお医者様も私が診察室に入っていっても顔も上げず、挨拶も返していただけませんでした。お忙しいのは分かりますが会話は必要最低限なもののみ。

昨日の診察。
「これが心臓。肝臓。膵臓。足。」
「動いてますか? 元気そうですね。」
「はいそれでは(おしまいですから帰ってください)….」

と、この程度でおわり。私がこの後色々と矢継ぎ早に質問を投げかけなければこれで診察は終わりということになったでしょう。せめて「体調はどうですか?」「最後に何か質問は?」くらい言ってほしかったです。これはかなり寂しかった。

私の住んでいるアメリカの街でも出産ブームと産婦人科の閉院が相次いでいて、予約を入れても日本と同じ様にかなり待たされる事が多いのですが、一度診察室に入ってお医者様と顔を合わせたら様々な質問の後じっくりとこちらからの質問も無くなって完全に納得がいくまで話しをしてくれます。そのうえ、

「名前は決めた?」「「ご主人はどう反応している?」「一人目の子は赤ちゃんが産まれるの知ってる?」「何語で話しかけているの?」「出産直後には誰か助けてくれる人いる?」「こんなマタニティなんてあるのね。」「私の二人目のときはね…」

などと診察に直接関係はないけれど患者をリラックスさせる様な会話をいろいろとしてくれます。正直いって先生とおしゃべりするのが楽しみなので、長く待たされてもあまり苦になりません。

逆に日本の産婦人科では看護婦さんの質が高いと感じます。どなたも丁寧で優しく、質問があれば診察室をでてからでもとても分かりやすく説明してくれます。きちんと目を見て話しをしてくれますし、お医者樣方の態度を差し引いてもあまりあるものがあります。

もちろんこの経験は私の通った特定の医院でのことなので、独断と偏見に元づいた意見だとお聞き流しください。ただ日本では、というか東京ではかもしれませんが、どこでも潤滑油的な会話が足りない様な気がしますね。



百聞は一見にしかずートイレトレーニングの巻
7月 29, 2008, 9:44 am
Filed under: トイレトレーニング

最近この暑さのせいかおむつを履きたがらない息子。脱がしてみるとかぶれるまではいかないものの、蒸れて汗びっしょりになっている事も多く、可哀想なのでそういう時はふつうのパンツをはかせています。やっぱり綿の肌触りが気持ちよいせいかご機嫌で、他の保育園児の影響もあってか自分で「かっこい〜。」と言いながらバアバに自慢げにパンツ姿を見せて歩いたりしています。

おまるは用意してありましたが、私のずぼらな性格からまだトイレトレーニングを意識してやろうと思っていたわけではないので、一応「チーしたい時は教えてね。」といってはありましたが、毎回結果は「びちゃびちゃあ」と言ってばつが悪そうに濡れたズボンをつかんで報告をしにくるという具合でした。

そんな日が何日か続いたある日、アメリカで知り合った日本人の友達が彼女の息子を連れてうちに遊びに来てくれました。私の息子と彼は年が同じで誕生日も一日違い。アメリカにいたときには何度も一緒に遊んだ仲です。ただ、お母さんの努力の賜物で彼は2歳になる何ヶ月も前からほとんどトイレトレーニングが済んでいました。

家にきた時もお母さんがタイミング良くトイレに誘っているので、さすがだな〜と感心していたところ、そんな思いが私の息子もにも伝わったのか、お友達がトイレを上手に使っているのをしゃんと正座して無言で観察していました。

その後、蒸し暑い中を夕方のお散歩から戻った私たちは汗を流す為にシャワーを浴びていました。その時おもむろに息子が前を押さえながら「アンパンマン、アンパンマン」と言うではないですか。キャラクターグッズにあまり興味が無い私ですが、息子がアンパンマンを気に入ったのをきっかけに「これは使えるかもしれない」ともくろんでアンパンマンのおまるを買って脱衣所に置いておいたのでした。

自分でお風呂場を出て脱衣所に行き、律儀にも私をお風呂場に残して後ろ手にドアを閉め、数分後にお風呂場に戻ってきた彼の一言は「ちーでた」。まさかと思いましたが、おまるの中には見事に証拠が残されており、これは正直言って感動ものでした。とりあえずほめまくり、家族に報告。友人にもあわてて感謝のメールを送りました。

やはり「百聞は一見にしかず」というのは本当ですね。私がいくらトイレトレーニングの本を読んで見せたり、一緒にトイレについてこさせたりしても全く効果がなかったのに、年の近い友達がトイレを使っているのを見ていっぺんに目が覚めたようでした。今はトイレに行きたいときのボディラングエッジが明らかになってきたので私も誘うタイミングをつかめる様になり、その後も失敗を繰り返しながらも着実に進歩していっています。

真実の口



言葉の爆発
7月 22, 2008, 4:28 pm
Filed under: ベビーサイン

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。日本に帰ってきてから毎日が慌ただしく過ぎてゆき、3ヶ月もあるからゆっくりできるなどと思っていたものの、残るところあと2週間半ほどとなってしまいました。

梅雨が明けたとはいえこの蒸し暑さに妊娠8ヶ月の私はぐったり、息子も毎日保育園へ行ったり近所のお友達と遊んだりして楽しく過ごしてはいるものの、アメリカにいる時ほど体調が一定せず、常に鼻水が出ていたり微熱が出たり、そのうえ虫さされに悩まされたりとなかなか目が離せません。

そんななか、先週2歳の誕生日を迎えたのと前後していわゆる「言葉の爆発」がみられる様になりました。ちょうど一ヶ月ほど前に言葉の習得について書いたものを読み返してみましたが、当時とは比べ物にならないほど語彙が増え、「わんわん、いっぱい来た。」「ちょうちょ、あっち行っちゃった。」「チュウチュウ(電車の幼児語)、見る。」「ごはん、落っこっちゃった。」などと文章で話す事も多くあり、その度に家族は驚きで目をしばたたかせています。 幼児語からの成長もみられ、「モーモー」から「牛乳」へ、「わんわん」から「犬」へ,「ブーブー」から「車」へなど随時移行しています。

サインから言葉へ移ったものも多く、一番良く使われていた人差し指同士をあわせる「もっと」のサインもあっさりと言葉へ、他にも「くつ」「とり」「いぬ」「ねこ」「ごはん」など良く使っていたサインがいつの間にか言葉として定着しました。 今はサインから言葉へのステップを踏む事無く、新しい単語は直接言葉で教えてすぐ覚えるようになっています。

いまだによく使っているサインといえば「自転車」(両方の拳を胸の前でぐるぐると車輪の様に回す)や「魚」(両手をあわせて左右にくねくねさせる)ぐらいでしょうか。面白いところでは、「ねこ」のサインを動物ではなく「宅急便」のサインとして使いだした事。お中元の季節ならではですね。