自己流ベビーサインのススメ


チャイナガール
1月 29, 2008, 10:56 pm
Filed under: アメリカの育児

ここの所めっきり寒くなって、夜は氷点下になる事はもちろん、昼間でも温度計が摂氏0度のあたりをさしている事が多くなりました。5度くらいになると暖かく感じられ、幾重にも重ね着をしてちょっと無理をしてでも息子と公園に行くのですが、週末も2度ぐらいまでしか上がらなかったので、さすがに外で遊ぶのはあきらめて、歩いていけるところにある考古学博物館へ行きました。

ここでは週末に子供用のイベントがよく行われていて、この日もChinese New Year(旧正月)フェスティバルと称して、太極拳や習字のデモンストレーション、中国の踊りや音楽のミニコンサートが至る所で行われていました。私たちが着いた時にちょうど踊りのリサイタルが始まるところだったので、内容はよくわからないままもとりあえず行ってみる事にしました。

席を確保して周りを見回すと、カラフルなチャイナドレスを着た赤ちゃんや女の子達であふれていて、アジア系(ハーフですけど)の男の子は私の息子ぐらいしか見あたりません。すぐに独特の中国の音楽が流れ始め、3歳から10歳くらいの女の子達20人ぐらいが小さな太鼓を胸から下げて出てきました。たどたどしくも可愛らしい踊りの後に、私の息子と同じくらいの年齢の女の子を抱いた白人の女性が舞台に現れて、踊りの説明を始めました。それによると今出てきた女の子達は皆中国から養女としてアメリカに渡ってきたとの事でした。

観客席にいる女の子達も皆同じで、小さい時に海を越えてアメリカにやってきたのでしょう。ご存知の様にアメリカでは養子縁組が多く行われています。マドンナやアンジェリーナ ジョリーのように海外から違う民族の養子をもらう事もまれではありません。私の友人や夫の家族にも南米から養子をもらったり、ずっと前に養子として家族になっている人が少なからずいますし、別にそれを隠す事もありません。どちらかと言うと、小さい頃から養子としてもらわれてきたという事実を教えておく方が主流のようです。

ニュースで年間中国から養子としてアメリカにもらわれてくる女の赤ちゃんが6〜7千人と聞いた事がありましたが、今まで数を聞いただけでは漠然としていたものが、実際に多数の子供達を見た事によって、正直言ってその事実に圧倒されました。もちろん中国の孤児院から望まれてもらわれてきて、幸せに暮らしている女の子達です。皆活発で、完璧な英語を話し、ホットドッグをほうばって、全くアメリカの子供達と変わりません。

私の胸を突いたのは、この女の子達と同じ数の母親が中国のどこかにいて、貧困や制度のせいでこの赤ちゃん達を手放さなければならなかったという事実です。自分が母親になってから人の痛みが以前よりずっと身にしみて感じられる様になり、特に幼い子供や母親がつらい思いをしているのを聞くとひどく胸が痛みます。昔私の母が残留孤児のニュースを見て涙していた事がありましたが、当時は、どうして他人に起こった事なのにそんなに感情移入できるのだろうと思っていました。いま自分が母親になってようやくあの時の母の涙が理解できる様になり、この日は中国にいる母親達の事を想って思わす涙しました。

babysigns88_311.gif

広告

コメントする so far
コメントをどうぞ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。